万葉集661番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集661番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集661番について

歌番号

661番

原文

戀々而|相有時谷|愛寸|事盡手四|長常念者

訓読

恋ひ恋ひて逢へる時だにうるはしき言尽してよ長くと思はば

かな読み

こひこひて|あへるときだに|うるはしき|ことつくしてよ|ながくとおもはば

カタカナ読み

コヒコヒテ|アヘルトキダニ|ウルハシキ|コトツクシテヨ|ナガクトオモハバ

ローマ字読み|大文字

KOHIKOHITE|AHERUTOKIDANI|URUHASHIKI|KOTOTSUKUSHITEYO|NAGAKUTOMOHABA

ローマ字読み|小文字

kohikohite|aherutokidani|uruhashiki|kototsukushiteyo|nagakutomohaba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

こひこひて[寛],
あへるときだに,[寛]あへるときたに,
うるはしき,[寛]うつくしき,
ことつくしてよ[寛],
ながくとおもはば,[寛]なかくとおもはは,

巻数

第4巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました