万葉集765番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集765番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集765番について

歌番号

765番

原文

一隔山|重成物乎|月夜好見|門尓出立|妹可将待

訓読

一重山へなれるものを月夜よみ門に出で立ち妹か待つらむ

かな読み

ひとへやま|へなれるものを|つくよよみ|かどにいでたち|いもかまつらむ

カタカナ読み

ヒトヘヤマ|ヘナレルモノヲ|ツクヨヨミ|カドニイデタチ|イモカマツラム

ローマ字読み|大文字

HITOHEYAMA|HENARERUMONO|TSUKUYOYOMI|KADONIIDETACHI|IMOKAMATSURAMU

ローマ字読み|小文字

hitoheyama|henarerumono|tsukuyoyomi|kadoniidetachi|imokamatsuramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|坂上大嬢|恋愛

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

ひとへやま[寛],
へなれるものを[寛],
つくよよみ,[寛]つきよよみ,
かどにいでたち,[寛]かとにいてたち,
いもかまつらむ[寛],

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました