万葉集735番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集735番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集735番について

歌番号

735番

原文

春日山|霞多奈引|情具久|照月夜尓|獨鴨念

訓読

春日山霞たなびき心ぐく照れる月夜にひとりかも寝む

かな読み

かすがやま|かすみたなびき|こころぐく|てれるつくよに|ひとりかもねむ

カタカナ読み

カスガヤマ|カスミタナビキ|ココログク|テレルツクヨニ|ヒトリカモネム

ローマ字読み|大文字

KASUGAYAMA|KASUMITANABIKI|KOKOROGUKU|TERERUTSUKUYONI|HITORIKAMONEMU

ローマ字読み|小文字

kasugayama|kasumitanabiki|kokoroguku|tererutsukuyoni|hitorikamonemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持|奈良|地名|鬱屈|恋情|贈答

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

かすがやま,[寛]かすかやま,
かすみたなびき,[寛]かすみたなひき,
こころぐく,[寛]こころくく,
てれるつくよに,[寛]てれるつきよに,
ひとりかもねむ[寛],

巻数

第4巻

作者

坂上大嬢

タイトルとURLをコピーしました