万葉集550番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集550番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集550番について

歌番号

550番

原文

大船之|念憑師|君之去者|吾者将戀名|直相左右二

訓読

大船の思ひ頼みし君が去なば我れは恋ひむな直に逢ふまでに

かな読み

おほぶねの|おもひたのみし|きみがいなば|あれはこひむな|ただにあふまでに

カタカナ読み

オホブネノ|オモヒタノミシ|キミガイナバ|アレハコヒムナ|タダニアフマデニ

ローマ字読み|大文字

OHOBUNENO|OMOHITANOMISHI|KIMIGAINABA|AREHAKOHIMUNA|TADANIAFUMADENI

ローマ字読み|小文字

ohobuneno|omohitanomishi|kimigainaba|arehakohimuna|tadaniafumadeni

左注|左註

右三首作者未詳

事項|分類・ジャンル

相聞|石川足人|餞別|羈旅|恋情|福岡|地名|神亀5年年紀

校異

特に無し

寛永版本

おほぶねの,[寛]おほふねの,
おもひたのみし[寛],
きみがいなば,[寛]きみかいねは,
あれはこひむな,[寛]われはこひむな,
ただにあふまでに,[寛]たみあふまてに,

巻数

第4巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました