万葉集672番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集672番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

万葉集672番について

歌番号

672番

原文

倭文手纒|數二毛不有|壽持|奈何幾許|吾戀渡

訓読

しつたまき数にもあらぬ命もて何かここだく我が恋ひわたる

かな読み

しつたまき|かずにもあらぬ|いのちもて|なにかここだく|あがこひわたる

カタカナ読み

シツタマキ|カズニモアラヌ|イノチモテ|ナニカココダク|アガコヒワタル

ローマ字読み|大文字

SHITSUTAMAKI|KAZUNIMOARANU|INOCHIMOTE|NANIKAKOKODAKU|AGAKOHIWATARU

ローマ字読み|小文字

shitsutamaki|kazunimoaranu|inochimote|nanikakokodaku|agakohiwataru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|恋情|枕詞

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

しつたまき[寛],
かずにもあらぬ,[寛]かすにもあらぬ,
いのちもて[寛],
なにかここだく,[寛]なそかくはかり,
あがこひわたる,[寛]わかこひわたる,

巻数

第4巻

作者

安倍蟲麻呂

タイトルとURLをコピーしました