万葉集770番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集770番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集770番について

歌番号

770番

原文

人眼多見|不相耳曽|情左倍|妹乎忘而|吾念莫國

訓読

人目多み逢はなくのみぞ心さへ妹を忘れて我が思はなくに

かな読み

ひとめおほみ|あはなくのみぞ|こころさへ|いもをわすれて|わがおもはなくに

カタカナ読み

ヒトメオホミ|アハナクノミゾ|ココロサヘ|イモヲワスレテ|ワガオモハナクニ

ローマ字読み|大文字

HITOMEOHOMI|AHANAKUNOMIZO|KOKOROSAHE|IMOWASURETE|WAGAOMOHANAKUNI

ローマ字読み|小文字

hitomeohomi|ahanakunomizo|kokorosahe|imowasurete|wagaomohanakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|坂上大嬢|久邇京|贈答

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

ひとめおほみ[寛],
あはなくのみぞ,[寛]あはさるのみそ,
こころさへ[寛],
いもをわすれて[寛],
わがおもはなくに,[寛]わかおもはなくに,

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました