万葉集774番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集774番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集774番について

歌番号

774番

原文

百千遍|戀跡云友|諸<弟>等之|練乃言羽<者>|吾波不信

訓読

百千たび恋ふと言ふとも諸弟らが練りのことばは我れは頼まじ

かな読み

ももちたび|こふといふとも|もろとらが|ねりのことばは|われはたのまじ

カタカナ読み

モモチタビ|コフトイフトモ|モロトラガ|ネリノコトバハ|ワレハタノマジ

ローマ字読み|大文字

MOMOCHITABI|KOFUTOIFUTOMO|MOROTORAGA|NERINOKOTOBAHA|WAREHATANOMAJI

ローマ字読み|小文字

momochitabi|kofutoifutomo|morotoraga|nerinokotobaha|warehatanomaji

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|坂上大嬢|久邇京|怨恨

校異

茅->弟【桂】|志->者【桂】【元】【紀】

寛永版本

ももちたび,[寛]ももちたひ,
こふといふとも[寛],
もろとらが,[寛]もろちらか,
ねりのことばは,[寛]ねりのことはし,
われはたのまじ,[寛]われはたのます,

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました