万葉集736番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集736番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集736番について

歌番号

736番

原文

月夜尓波|門尓出立|夕占問|足卜乎曽為之|行乎欲焉

訓読

月夜には門に出で立ち夕占問ひ足占をぞせし行かまくを欲り

かな読み

つくよには|かどにいでたち|ゆふけとひ|あしうらをぞせし|ゆかまくをほり

カタカナ読み

ツクヨニハ|カドニイデタチ|ユフケトヒ|アシウラヲゾセシ|ユカマクヲホリ

ローマ字読み|大文字

TSUKUYONIHA|KADONIIDETACHI|YUFUKETOHI|ASHIURAOZOSESHI|YUKAMAKUOHORI

ローマ字読み|小文字

tsukuyoniha|kadoniidetachi|yufuketohi|ashiuraozoseshi|yukamakuohori

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴坂上大嬢|贈答

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

つくよには,[寛]つきよには,
かどにいでたち,[寛]かとにいてたち,
ゆふけとひ[寛],
あしうらをぞせし,[寛]あしうらをそせし,
ゆかまくをほり[寛],

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました