万葉集727番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集727番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集727番について

歌番号

727番

原文

萱草|吾下紐尓|著有跡|鬼乃志許草|事二思安利家理

訓読

忘れ草我が下紐に付けたれど醜の醜草言にしありけり

かな読み

わすれくさ|わがしたひもに|つけたれど|しこのしこくさ|ことにしありけり

カタカナ読み

ワスレクサ|ワガシタヒモニ|ツケタレド|シコノシコクサ|コトニシアリケリ

ローマ字読み|大文字

WASUREKUSA|WAGASHITAHIMONI|TSUKETAREDO|SHIKONOSHIKOKUSA|KOTONISHIARIKERI

ローマ字読み|小文字

wasurekusa|wagashitahimoni|tsuketaredo|shikonoshikokusa|kotonishiarikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|坂上大嬢|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|雖->離【桂】【元】【紀】|復【元】【類】後

寛永版本

わすれくさ[寛],
わがしたひもに,[寛]わかしたひもに,
つけたれど,[寛]つけたれと,
しこのしこくさ,[寛]おにのしこくさ,
ことにしありけり,[寛]ことにしありなり,

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました