万葉集700番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集700番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集700番について

歌番号

700番

原文

如此為而哉|猶八将退|不近|道之間乎|煩参来而

訓読

かくしてやなほや罷らむ近からぬ道の間をなづみ参ゐ来て

かな読み

かくしてや|なほやまからむ|ちかからぬ|みちのあひだを|なづみまゐきて

カタカナ読み

カクシテヤ|ナホヤマカラム|チカカラヌ|ミチノアヒダヲ|ナヅミマヰキテ

ローマ字読み|大文字

KAKUSHITEYA|NAHOYAMAKARAMU|CHIKAKARANU|MICHINOAHIDAO|NAZUMIMAIKITE

ローマ字読み|小文字

kakushiteya|nahoyamakaramu|chikakaranu|michinoahidao|nazumimaikite

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|娘子|怨恨

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

かくしてや[寛],
なほやまからむ,[寛]なほやかへらむ,
ちかからぬ[寛],
みちのあひだを,[寛]みちのあひたを,
なづみまゐきて,[寛]なつみまいりて,

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました