万葉集719番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集719番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集719番について

歌番号

719番

原文

大夫跡|念流吾乎|如此許|三礼二見津礼|片<念>男責

訓読

ますらをと思へる我れをかくばかりみつれにみつれ片思をせむ

かな読み

ますらをと|おもへるわれを|かくばかり|みつれにみつれ|かたもひをせむ

カタカナ読み

マスラヲト|オモヘルワレヲ|カクバカリ|ミツレニミツレ|カタモヒヲセム

ローマ字読み|大文字

MASURAOTO|OMOHERUWAREO|KAKUBAKARI|MITSURENIMITSURE|KATAMOHIOSEMU

ローマ字読み|小文字

masuraoto|omoheruwareo|kakubakari|mitsurenimitsure|katamohiosemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|娘子|怨恨|贈答

校異

思->念【元】【紀】

寛永版本

ますらをと[寛],
おもへるわれを[寛],
かくばかり,[寛]かくはかり,
みつれにみつれ[寛],
かたもひをせむ,[寛]かたおもひをせむ,

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました