万葉集486番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集486番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集486番について

歌番号

486番

原文

山羽尓|味村驂|去奈礼騰|吾者左夫思恵|君二四不<在>者

訓読

山の端にあぢ群騒き行くなれど我れは寂しゑ君にしあらねば

かな読み

やまのはに|あぢむらさわき|ゆくなれど|われはさぶしゑ|きみにしあらねば

カタカナ読み

ヤマノハニ|アヂムラサワキ|ユクナレド|ワレハサブシヱ|キミニシアラネバ

ローマ字読み|大文字

YAMANOHANI|AJIMURASAWAKI|YUKUNAREDO|WAREHASABUSHIE|KIMINISHIARANEBA

ローマ字読み|小文字

yamanohani|ajimurasawaki|yukunaredo|warehasabushie|kiminishiaraneba

左注|左註

右今案|高市<崗>本宮後<崗>本宮二代二帝各有異焉|但称<崗>本天皇未審其指

事項|分類・ジャンル

相聞|皇極|恋情|挽歌発想

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|存->在【西(右書)】【元】【類】

寛永版本

やまのはに[寛],
あぢむらさわき,[寛]あちむらさわき,
ゆくなれど,[寛]ゆくなれと,
われはさぶしゑ,[寛]われはさふしゑ,
きみにしあらねば,[寛]きみにしあらねは,

巻数

第4巻

作者

舒明

タイトルとURLをコピーしました