万葉集665番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集665番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

万葉集665番について

歌番号

665番

原文

向座而|雖見不飽|吾妹子二|立離徃六|田付不知毛

訓読

向ひ居て見れども飽かぬ我妹子に立ち別れ行かむたづき知らずも

かな読み

むかひゐて|みれどもあかぬ|わぎもこに|たちわかれゆかむ|たづきしらずも

カタカナ読み

ムカヒヰテ|ミレドモアカヌ|ワギモコニ|タチワカレユカム|タヅキシラズモ

ローマ字読み|大文字

MUKAHIITE|MIREDOMOAKANU|WAGIMOKONI|TACHIWAKAREYUKAMU|TAZUKISHIRAZUMO

ローマ字読み|小文字

mukahiite|miredomoakanu|wagimokoni|tachiwakareyukamu|tazukishirazumo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞

校異

倍【元】陪|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

むかひゐて[寛],
みれどもあかぬ,[寛]みれともあかぬ,
わぎもこに,[寛]わきもこに,
たちわかれゆかむ[寛],
たづきしらずも,[寛]たつきしらすも,

巻数

第4巻

作者

安倍蟲麻呂

タイトルとURLをコピーしました