万葉集690番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集690番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集690番について

歌番号

690番

原文

照<月>乎|闇尓見成而|哭涙|衣<沾>津|干人無二

訓読

照る月を闇に見なして泣く涙衣濡らしつ干す人なしに

かな読み

てるつきを|やみにみなして|なくなみだ|ころもぬらしつ|ほすひとなしに

カタカナ読み

テルツキヲ|ヤミニミナシテ|ナクナミダ|コロモヌラシツ|ホスヒトナシニ

ローマ字読み|大文字

TERUTSUKIO|YAMINIMINASHITE|NAKUNAMIDA|KOROMONURASHITSU|HOSUHITONASHINI

ローマ字読み|小文字

terutsukio|yaminiminashite|nakunamida|koromonurashitsu|hosuhitonashini

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|離別|悲別

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|日->月【略解(宣長説)】|沽->沾【紀】【温】【京】

寛永版本

てるつきを,[寛]てれるひを,
やみにみなして[寛],
なくなみだ,[寛]なくなみた,
ころもぬらしつ[寛],
ほすひとなしに[寛],

巻数

第4巻

作者

大伴三依

タイトルとURLをコピーしました