万葉集670番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集670番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集670番について

歌番号

670番

原文

月讀之|光二来益|足疾乃|山<寸>隔而|不遠國

訓読

月読の光りに来ませあしひきの山きへなりて遠からなくに

かな読み

つくよみの|ひかりにきませ|あしひきの|やまきへなりて|とほからなくに

カタカナ読み

ツクヨミノ|ヒカリニキマセ|アシヒキノ|ヤマキヘナリテ|トホカラナクニ

ローマ字読み|大文字

TSUKUYOMINO|HIKARINIKIMASE|ASHIHIKINO|YAMAKIHENARITE|TOHOKARANAKUNI

ローマ字読み|小文字

tsukuyomino|hikarinikimase|ashihikino|yamakihenarite|tohokaranakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|勧誘

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|乎->寸【元】【類】【紀】

寛永版本

つくよみの,[寛]つきよみの,
ひかりにきませ[寛],
あしひきの[寛],
やまきへなりて,[寛]やまをへたてて,
とほからなくに[寛],

巻数

第4巻

作者

湯原王

タイトルとURLをコピーしました