万葉集615番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集615番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集615番について

歌番号

615番

原文

吾背子者|不相念跡裳|敷細乃|君之枕者|夢<所>見乞

訓読

我が背子は相思はずとも敷栲の君が枕は夢に見えこそ

かな読み

わがせこは|あひおもはずとも|しきたへの|きみがまくらは|いめにみえこそ

カタカナ読み

ワガセコハ|アヒオモハズトモ|シキタヘノ|キミガマクラハ|イメニミエコソ

ローマ字読み|大文字

WAGASEKOHA|AHIOMOHAZUTOMO|SHIKITAHENO|KIMIGAMAKURAHA|IMENIMIEKOSO

ローマ字読み|小文字

wagasekoha|ahiomohazutomo|shikitaheno|kimigamakuraha|imenimiekoso

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持|恋情|贈答|枕詞|夢

校異

尓->所【元】【金】【紀】

寛永版本

わがせこは,[寛]わかせこは,
あひおもはずとも,[寛]あひをもはすとも,
しきたへの[寛],
きみがまくらは,[寛]きみかまくらは,
いめにみえこそ,[寛]ゆめにみえこそ,

巻数

第4巻

作者

山口女王

タイトルとURLをコピーしました