万葉集790番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集790番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集790番について

歌番号

790番

原文

春風之|聲尓四出名者|有去而|不有今友|君之随意

訓読

春風の音にし出なばありさりて今ならずとも君がまにまに

かな読み

はるかぜの|おとにしいでなば|ありさりて|いまならずとも|きみがまにまに

カタカナ読み

ハルカゼノ|オトニシイデナバ|アリサリテ|イマナラズトモ|キミガマニマニ

ローマ字読み|大文字

HARUKAZENO|OTONISHIIDENABA|ARISARITE|IMANARAZUTOMO|KIMIGAMANIMANI

ローマ字読み|小文字

harukazeno|otonishiidenaba|arisarite|imanarazutomo|kimigamanimani

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|藤原久須麻呂|贈答

校異

特に無し

寛永版本

はるかぜの,[寛]はるかせの,
おとにしいでなば,[寛]おとにしいてなは,
ありさりて,[寛]ありゆきて,
いまならずとも,[寛]いまならすとも,
きみがまにまに,[寛]きみかまにまに,

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました