万葉集501番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集501番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集501番について

歌番号

501番

原文

未通女等之|袖振山乃|水垣之|久時従|憶寸吾者

訓読

娘子らが袖布留山の瑞垣の久しき時ゆ思ひき我れは

かな読み

をとめらが|そでふるやまの|みづかきの|ひさしきときゆ|おもひきわれは

カタカナ読み

ヲトメラガ|ソデフルヤマノ|ミヅカキノ|ヒサシキトキユ|オモヒキワレハ

ローマ字読み|大文字

OTOMERAGA|SODEFURUYAMANO|MIZUKAKINO|HISASHIKITOKIYU|OMOHIKIWAREHA

ローマ字読み|小文字

otomeraga|sodefuruyamano|mizukakino|hisashikitokiyu|omohikiwareha

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|歌垣|枕詞|序詞

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

をとめらが,[寛]をとめらか,
そでふるやまの,[寛]そてふるやまの,
みづかきの,[寛]みつかきの,
ひさしきときゆ,[寛]ひさしきよより,
おもひきわれは[寛],

巻数

第4巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました