万葉集621番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集621番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集621番について

歌番号

621番

原文

無間|戀尓可有牟|草枕|客有公之|夢尓之所見

訓読

間なく恋ふれにかあらむ草枕旅なる君が夢にし見ゆる

かな読み

あひだなく|こふれにかあらむ|くさまくら|たびなるきみが|いめにしみゆる

カタカナ読み

アヒダナク|コフレニカアラム|クサマクラ|タビナルキミガ|イメニシミユル

ローマ字読み|大文字

AHIDANAKU|KOFURENIKAARAMU|KUSAMAKURA|TABINARUKIMIGA|IMENISHIMIYURU

ローマ字読み|小文字

ahidanaku|kofurenikaaramu|kusamakura|tabinarukimiga|imenishimiyuru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|羈旅|恋情|別離|贈答|枕詞

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

あひだなく,[寛]ひまもなく,
こふれにかあらむ,[寛]こふるにかあらむ,
くさまくら[寛],
たびなるきみが,[寛]たひなるきみか,
いめにしみゆる,[寛]ゆめにしみゆる,

巻数

第4巻

作者

佐伯東人妻

タイトルとURLをコピーしました