万葉集581番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集581番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集581番について

歌番号

581番

原文

生而有者|見巻毛不知|何如毛|将死与妹常|夢所見鶴

訓読

生きてあらば見まくも知らず何しかも死なむよ妹と夢に見えつる

かな読み

いきてあらば|みまくもしらず|なにしかも|しなむよいもと|いめにみえつる

カタカナ読み

イキテアラバ|ミマクモシラズ|ナニシカモ|シナムヨイモト|イメニミエツル

ローマ字読み|大文字

IKITEARABA|MIMAKUMOSHIRAZU|NANISHIKAMO|SHINAMUYOIMOTO|IMENIMIETSURU

ローマ字読み|小文字

ikitearaba|mimakumoshirazu|nanishikamo|shinamuyoimoto|imenimietsuru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持|夢|恋情|贈答

校異

賜->贈【桂】【元】【紀】|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

いきてあらば,[寛]いきてあれは,
みまくもしらず,[寛]みまくもしらす,
なにしかも[寛],
しなむよいもと[寛],
いめにみえつる,[寛]ゆめにみえつる,

巻数

第4巻

作者

坂上大嬢

タイトルとURLをコピーしました