万葉集586番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集586番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集586番について

歌番号

586番

原文

不相見者|不戀有益乎|妹乎見而|本名如此耳|戀者奈何将為

訓読

相見ずは恋ひずあらましを妹を見てもとなかくのみ恋ひばいかにせむ

かな読み

あひみずは|こひずあらましを|いもをみて|もとなかくのみ|こひばいかにせむ

カタカナ読み

アヒミズハ|コヒズアラマシヲ|イモヲミテ|モトナカクノミ|コヒバイカニセム

ローマ字読み|大文字

AHIMIZUHA|KOHIZUARAMASHIO|IMOMITE|MOTONAKAKUNOMI|KOHIBAIKANISEMU

ローマ字読み|小文字

ahimizuha|kohizuaramashio|imomite|motonakakunomi|kohibaikanisemu

左注|左註

右一首姉坂上郎女作

事項|分類・ジャンル

相聞|坂上郎女|田村大嬢|代作|恋情|贈答

校異

宿祢->宿【西(訂正)】【温】【矢】|->之【元】【紀】|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

あひみずは,[寛]あひみすは,
こひずあらましを,[寛]こひさらましを,
いもをみて[寛],
もとなかくのみ[寛],
こひばいかにせむ,[寛]こひはいかにせむ,

巻数

第4巻

作者

大伴稲公

タイトルとURLをコピーしました