万葉集646番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集646番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集646番について

歌番号

646番

原文

大夫之|思和備乍|遍多|嘆久嘆乎|不負物可聞

訓読

ますらをの思ひわびつつたびまねく嘆く嘆きを負はぬものかも

かな読み

ますらをの|おもひわびつつ|たびまねく|なげくなげきを|おはぬものかも

カタカナ読み

マスラヲノ|オモヒワビツツ|タビマネク|ナゲクナゲキヲ|オハヌモノカモ

ローマ字読み|大文字

MASURAONO|OMOHIWABITSUTSU|TABIMANEKU|NAGEKUNAGEKIO|OHANUMONOKAMO

ローマ字読み|小文字

masuraono|omohiwabitsutsu|tabimaneku|nagekunagekio|ohanumonokamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

ますらをの[寛],
おもひわびつつ,[寛]おもひわひつつ,
たびまねく,[寛]あまたたひ,
なげくなげきを,[寛]なけくなけきを,
おはぬものかも[寛],

巻数

第4巻

作者

大伴駿河麻呂

タイトルとURLをコピーしました