万葉集588番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集588番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集588番について

歌番号

588番

原文

白鳥能|飛羽山松之|待乍曽|吾戀度|此月比乎

訓読

白鳥の飛羽山松の待ちつつぞ我が恋ひわたるこの月ごろを

かな読み

しらとりの|とばやままつの|まちつつぞ|あがこひわたる|このつきごろを

カタカナ読み

シラトリノ|トバヤママツノ|マチツツゾ|アガコヒワタル|コノツキゴロヲ

ローマ字読み|大文字

SHIRATORINO|TOBAYAMAMATSUNO|MACHITSUTSUZO|AGAKOHIWATARU|KONOTSUKIGORO

ローマ字読み|小文字

shiratorino|tobayamamatsuno|machitsutsuzo|agakohiwataru|konotsukigoro

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持|恋情|贈答|枕詞|奈良|地名|序詞

校異

特に無し

寛永版本

しらとりの,[寛]しろとりの,
とばやままつの,[寛]とはやままつの,
まちつつぞ,[寛]まちつつそ,
あがこひわたる,[寛]わかこひわたる,
このつきごろを,[寛]このつきころを,

巻数

第4巻

作者

笠女郎

タイトルとURLをコピーしました