万葉集660番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集660番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集660番について

歌番号

660番

原文

汝乎与吾乎|人曽離奈流|乞吾君|人之中言|聞起名湯目

訓読

汝をと我を人ぞ離くなるいで我が君人の中言聞きこすなゆめ

かな読み

なをとあを|ひとぞさくなる|いであがきみ|ひとのなかごと|ききこすなゆめ

カタカナ読み

ナヲトアヲ|ヒトゾサクナル|イデアガキミ|ヒトノナカゴト|キキコスナユメ

ローマ字読み|大文字

NAOTOAO|HITOZOSAKUNARU|IDEAGAKIMI|HITONONAKAGOTO|KIKIKOSUNAYUME

ローマ字読み|小文字

naotoao|hitozosakunaru|ideagakimi|hitononakagoto|kikikosunayume

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|尫柜蹋

校異

特に無し

寛永版本

なをとあを,[寛]なをとわを,
ひとぞさくなる,[寛]ひとそさくなる,
いであがきみ,[寛]いてわきみ,
ひとのなかごと,[寛]ひとのなかこと,
ききこすなゆめ,[寛]ききたつなゆめ,

巻数

第4巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました