万葉集678番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集678番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集678番について

歌番号

678番

原文

直相而|見而者耳社|霊剋|命向|吾戀止眼

訓読

直に逢ひて見てばのみこそたまきはる命に向ふ我が恋やまめ

かな読み

ただにあひて|みてばのみこそ|たまきはる|いのちにむかふ|あがこひやまめ

カタカナ読み

タダニアヒテ|ミテバノミコソ|タマキハル|イノチニムカフ|アガコヒヤマメ

ローマ字読み|大文字

TADANIAHITE|MITEBANOMIKOSO|TAMAKIHARU|INOCHINIMUKAFU|AGAKOHIYAMAME

ローマ字読み|小文字

tadaniahite|mitebanomikoso|tamakiharu|inochinimukafu|agakohiyamame

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持|枕詞|贈答

校異

特に無し

寛永版本

ただにあひて,[寛]たたにあひて,
みてばのみこそ,[寛]みてはのみこそ,
たまきはる[寛],
いのちにむかふ[寛],
あがこひやまめ,[寛]わかこひやまめ,

巻数

第4巻

作者

中臣女郎

タイトルとURLをコピーしました