万葉集512番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集512番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集512番について

歌番号

512番

原文

秋田之|穂田乃苅婆加|香縁相者|彼所毛加人之|吾乎事将成

訓読

秋の田の穂田の刈りばかか寄りあはばそこもか人の我を言成さむ

かな読み

あきのたの|ほたのかりばか|かよりあはば|そこもかひとの|わをことなさむ

カタカナ読み

アキノタノ|ホタノカリバカ|カヨリアハバ|ソコモカヒトノ|ワヲコトナサム

ローマ字読み|大文字

AKINOTANO|HOTANOKARIBAKA|KAYORIAHABA|SOKOMOKAHITONO|WAOKOTONASAMU

ローマ字読み|小文字

akinotano|hotanokaribaka|kayoriahaba|sokomokahitono|waokotonasamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|恋情|尫柜蹋|序詞

校異

歌【西】謌

寛永版本

あきのたの[寛],
ほたのかりばか,[寛]ほたのかりはか,
かよりあはば,[寛]かよりあはは,
そこもかひとの[寛],
わをことなさむ,[寛]われをことなさむ,

巻数

第4巻

作者

草嬢

タイトルとURLをコピーしました