万葉集600番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集600番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集600番について

歌番号

600番

原文

伊勢海之|礒毛動尓|因流波|恐人尓|戀渡鴨

訓読

伊勢の海の礒もとどろに寄する波畏き人に恋ひわたるかも

かな読み

いせのうみの|いそもとどろに|よするなみ|かしこきひとに|こひわたるかも

カタカナ読み

イセノウミノ|イソモトドロニ|ヨスルナミ|カシコキヒトニ|コヒワタルカモ

ローマ字読み|大文字

ISENOMINO|ISOMOTODORONI|YOSURUNAMI|KASHIKOKIHITONI|KOHIWATARUKAMO

ローマ字読み|小文字

isenomino|isomotodoroni|yosurunami|kashikokihitoni|kohiwatarukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持|恋情|三重|地名|序詞|贈答

校異

特に無し

寛永版本

いせのうみの[寛],
いそもとどろに,[寛]いそもととろに,
よするなみ[寛],
かしこきひとに[寛],
こひわたるかも[寛],

巻数

第4巻

作者

笠女郎

タイトルとURLをコピーしました