万葉集537番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集537番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集537番について

歌番号

537番

原文

事清|甚毛莫言|一日太尓|君伊之哭者|痛寸<敢>物

訓読

言清くいたもな言ひそ一日だに君いしなくはあへかたきかも

かな読み

こときよく|いともないひそ|ひとひだに|きみいしなくは|あへかたきかも

カタカナ読み

コトキヨク|イトモナイヒソ|ヒトヒダニ|キミイシナクハ|アヘカタキカモ

ローマ字読み|大文字

KOTOKIYOKU|ITOMONAIHISO|HITOHIDANI|KIMIISHINAKUHA|AHEKATAKIKAMO

ローマ字読み|小文字

kotokiyoku|itomonaihiso|hitohidani|kimiishinakuha|ahekatakikamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|今城王|恋情|贈答

校異

取->敢【古義】【新考】【菊沢季生】

寛永版本

こときよく[寛],
いともないひそ,[寛]いたくもいはれ,
ひとひだに,[寛]ひとひたに,
きみいしなくは[寛],
あへかたきかも,[寛]いたききすそも,

巻数

第4巻

作者

高田女王

タイトルとURLをコピーしました