万葉集668番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集668番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集668番について

歌番号

668番

原文

朝尓日尓|色付山乃|白雲之|可思過|君尓不有國

訓読

朝に日に色づく山の白雲の思ひ過ぐべき君にあらなくに

かな読み

あさにけに|いろづくやまの|しらくもの|おもひすぐべき|きみにあらなくに

カタカナ読み

アサニケニ|イロヅクヤマノ|シラクモノ|オモヒスグベキ|キミニアラナクニ

ローマ字読み|大文字

ASANIKENI|IROZUKUYAMANO|SHIRAKUMONO|OMOHISUGUBEKI|KIMINIARANAKUNI

ローマ字読み|小文字

asanikeni|irozukuyamano|shirakumono|omohisugubeki|kiminiaranakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|恋情

校異

歌【西】謌【西(訂正復旧)】歌

寛永版本

あさにけに,[寛]あさにひに,
いろづくやまの,[寛]いろつくやまの,
しらくもの[寛],
おもひすぐべき,[寛]おもひすくへき,
きみにあらなくに[寛],

巻数

第4巻

作者

厚見王

タイトルとURLをコピーしました