万葉集578番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集578番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集578番について

歌番号

578番

原文

天地与|共久|住波牟等|念而有師|家之庭羽裳

訓読

天地とともに久しく住まはむと思ひてありし家の庭はも

かな読み

あめつちと|ともにひさしく|すまはむと|おもひてありし|いへのにははも

カタカナ読み

アメツチト|トモニヒサシク|スマハムト|オモヒテアリシ|イヘノニハハモ

ローマ字読み|大文字

AMETSUCHITO|TOMONIHISASHIKU|SUMAHAMUTO|OMOHITEARISHI|IHENONIHAHAMO

ローマ字読み|小文字

ametsuchito|tomonihisashiku|sumahamuto|omohitearishi|ihenonihahamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴旅人|挽歌発想

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

あめつちと[寛],
ともにひさしく[寛],
すまはむと[寛],
おもひてありし[寛],
いへのにははも[寛],

巻数

第4巻

作者

大伴三依

タイトルとURLをコピーしました