万葉集647番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集647番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集647番について

歌番号

647番

原文

心者|忘日無久|雖念|人之事社|繁君尓阿礼

訓読

心には忘るる日なく思へども人の言こそ繁き君にあれ

かな読み

こころには|わするるひなく|おもへども|ひとのことこそ|しげききみにあれ

カタカナ読み

ココロニハ|ワスルルヒナク|オモヘドモ|ヒトノコトコソ|シゲキキミニアレ

ローマ字読み|大文字

KOKORONIHA|WASURURUHINAKU|OMOHEDOMO|HITONOKOTOKOSO|SHIGEKIKIMINIARE

ローマ字読み|小文字

kokoroniha|wasururuhinaku|omohedomo|hitonokotokoso|shigekikiminiare

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|遊戯的|尫柜蹋

校異

歌【西】謌【西(訂正復旧)】歌

寛永版本

こころには[寛],
わするるひなく[寛],
おもへども,[寛]おもへとも,
ひとのことこそ[寛],
しげききみにあれ,[寛]しけききみにあれ,

巻数

第4巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました