万葉集750番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集750番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集750番について

歌番号

750番

原文

念絶|和備西物尾|中々<荷>|奈何辛苦|相見始兼

訓読

思ひ絶えわびにしものを中々に何か苦しく相見そめけむ

かな読み

おもひたえ|わびにしものを|なかなかに|なにかくるしく|あひみそめけむ

カタカナ読み

オモヒタエ|ワビニシモノヲ|ナカナカニ|ナニカクルシク|アヒミソメケム

ローマ字読み|大文字

OMOHITAE|WABINISHIMONO|NAKANAKANI|NANIKAKURUSHIKU|AHIMISOMEKEMU

ローマ字読み|小文字

omohitae|wabinishimono|nakanakani|nanikakurushiku|ahimisomekemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|坂上大嬢|怨恨|後悔|恋情

校異

尓->荷【桂】【紀】

寛永版本

おもひたえ[寛],
わびにしものを,[寛]わひにしものを,
なかなかに[寛],
なにかくるしく[寛],
あひみそめけむ[寛],

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました