万葉集511番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集511番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集511番について

歌番号

511番

原文

吾背子者|何處将行|己津物|隠之山乎|今日歟超良<武>

訓読

我が背子はいづく行くらむ沖つ藻の名張の山を今日か越ゆらむ

かな読み

わがせこは|いづくゆくらむ|おきつもの|なばりのやまを|けふかこゆらむ

カタカナ読み

ワガセコハ|イヅクユクラム|オキツモノ|ナバリノヤマヲ|ケフカコユラム

ローマ字読み|大文字

WAGASEKOHA|IZUKUYUKURAMU|OKITSUMONO|NABARINOYAMAO|KEFUKAKOYURAMU

ローマ字読み|小文字

wagasekoha|izukuyukuramu|okitsumono|nabarinoyamao|kefukakoyuramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|行幸|伊勢|留守|重出|枕詞|地名

校異

歌【西】謌|哉->武【西(訂正)】【元】【金】【類】

寛永版本

わがせこは,[寛]わかせこは,
いづくゆくらむ,[寛]いつちゆくらむ,
おきつもの[寛],
なばりのやまを,[寛]かくれのやまを,
けふかこゆらむ[寛],

巻数

第4巻

作者

當麻麻呂妻

タイトルとURLをコピーしました