万葉集633番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集633番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集633番について

歌番号

633番

原文

幾許|思異目鴨|敷細之|枕片去|夢所見来之

訓読

ここだくも思ひけめかも敷栲の枕片さる夢に見え来し

かな読み

ここだくも|おもひけめかも|しきたへの|まくらかたさる|いめにみえこし

カタカナ読み

ココダクモ|オモヒケメカモ|シキタヘノ|マクラカタサル|イメニミエコシ

ローマ字読み|大文字

KOKODAKUMO|OMOHIKEMEKAMO|SHIKITAHENO|MAKURAKATASARU|IMENIMIEKOSHI

ローマ字読み|小文字

kokodakumo|omohikemekamo|shikitaheno|makurakatasaru|imenimiekoshi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|娘子|恋情|贈答|枕詞|恋情

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

ここだくも,[寛]いくそはく,
おもひけめかも[寛],
しきたへの[寛],
まくらかたさる,[寛]まくらかたさり,
いめにみえこし,[寛]ゆめにみえこし,

巻数

第4巻

作者

湯原王

タイトルとURLをコピーしました