万葉集792番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集792番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集792番について

歌番号

792番

原文

春雨乎|待<常>二師有四|吾屋戸之|若木乃梅毛|未含有

訓読

春雨を待つとにしあらし我がやどの若木の梅もいまだふふめり

かな読み

はるさめを|まつとにしあらし|わがやどの|わかきのうめも|いまだふふめり

カタカナ読み

ハルサメヲ|マツトニシアラシ|ワガヤドノ|ワカキノウメモ|イマダフフメリ

ローマ字読み|大文字

HARUSAMEO|MATSUTONISHIARASHI|WAGAYADONO|WAKAKINOMEMO|IMADAFUFUMERI

ローマ字読み|小文字

harusameo|matsutonishiarashi|wagayadono|wakakinomemo|imadafufumeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持|比喩|植物|贈答

校異

->常【西(右書)】【元】【類】【紀】

寛永版本

はるさめを[寛],
まつとにしあらし[寛],
わがやどの,[寛]わかやとの,
わかきのうめも[寛],
いまだふふめり,[寛]いまそくくめり,

巻数

第4巻

作者

藤原久須麻呂

タイトルとURLをコピーしました