万葉集635番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集635番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集635番について

歌番号

635番

原文

草枕|客者嬬者|雖率有|匣内之|珠社所念

訓読

草枕旅には妻は率たれども櫛笥のうちの玉をこそ思へ

かな読み

くさまくら|たびにはつまは|ゐたれども|くしげのうちの|たまをこそおもへ

カタカナ読み

クサマクラ|タビニハツマハ|ヰタレドモ|クシゲノウチノ|タマヲコソオモヘ

ローマ字読み|大文字

KUSAMAKURA|TABINIHATSUMAHA|ITAREDOMO|KUSHIGENOCHINO|TAMAOKOSOMOHE

ローマ字読み|小文字

kusamakura|tabinihatsumaha|itaredomo|kushigenochino|tamaokosomohe

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|娘子|二重|曖昧|枕詞|贈答

校異

念【紀】見

寛永版本

くさまくら[寛],
たびにはつまは,[寛]たひにはいもは,
ゐたれども,[寛]いたれとも,
くしげのうちの,[寛]はこのうちなる,
たまをこそおもへ,[寛]たまとこそおもへ,

巻数

第4巻

作者

湯原王

タイトルとURLをコピーしました