万葉集521番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集521番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集521番について

歌番号

521番

原文

庭立|麻手苅干|布<暴>|東女乎|忘賜名

訓読

庭に立つ麻手刈り干し布曝す東女を忘れたまふな

かな読み

にはにたつ|あさでかりほし|ぬのさらす|あづまをみなを|わすれたまふな

カタカナ読み

ニハニタツ|アサデカリホシ|ヌノサラス|アヅマヲミナヲ|ワスレタマフナ

ローマ字読み|大文字

NIHANITATSU|ASADEKARIHOSHI|NUNOSARASU|AZUMAOMINAO|WASURETAMAFUNA

ローマ字読み|小文字

nihanitatsu|asadekarihoshi|nunosarasu|azumaominao|wasuretamafuna

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|藤原宇合|餞別|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|慕->暴【元】

寛永版本

にはにたつ[寛],
あさでかりほし,[寛]あさてかりほし,
ぬのさらす,[寛]しきしのふ,
あづまをみなを,[寛]あつまをとめを,
わすれたまふな[寛],

巻数

第4巻

作者

常陸娘子

タイトルとURLをコピーしました