万葉集496番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集496番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集496番について

歌番号

496番

原文

三熊野之|浦乃濱木綿|百重成|心者雖念|直不相鴨

訓読

み熊野の浦の浜木綿百重なす心は思へど直に逢はぬかも

かな読み

みくまのの|うらのはまゆふ|ももへなす|こころはもへど|ただにあはぬかも

カタカナ読み

ミクマノノ|ウラノハマユフ|モモヘナス|ココロハモヘド|タダニアハヌカモ

ローマ字読み|大文字

MIKUMANONO|URANOHAMAYUFU|MOMOHENASU|KOKOROHAMOHEDO|TADANIAHANUKAMO

ローマ字読み|小文字

mikumanono|uranohamayufu|momohenasu|kokorohamohedo|tadaniahanukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|恋情|挽歌発想|贈答|紀州|和歌山|羈旅|序詞|地名|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

みくまのの[寛],
うらのはまゆふ[寛],
ももへなす,[寛]ももへなる,
こころはもへど,[寛]こころはおもへと,
ただにあはぬかも,[寛]たたにあはぬかも,

巻数

第4巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました