万葉集717番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集717番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集717番について

歌番号

717番

原文

都礼毛無|将有人乎|獨念尓|吾念者|惑毛安流香

訓読

つれもなくあるらむ人を片思に我れは思へばわびしくもあるか

かな読み

つれもなく|あるらむひとを|かたもひに|われはおもへば|わびしくもあるか

カタカナ読み

ツレモナク|アルラムヒトヲ|カタモヒニ|ワレハオモヘバ|ワビシクモアルカ

ローマ字読み|大文字

TSUREMONAKU|ARURAMUHITO|KATAMOHINI|WAREHAOMOHEBA|WABISHIKUMOARUKA

ローマ字読み|小文字

tsuremonaku|aruramuhito|katamohini|warehaomoheba|wabishikumoaruka

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|娘子|恨牫|贈答

校異

特に無し

寛永版本

つれもなく[寛],
あるらむひとを[寛],
かたもひに,[寛]かたおもひに,
われはおもへば,[寛]われしおもへは,
わびしくもあるか,[寛]まとひもあるか,

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました