万葉集525番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集525番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集525番について

歌番号

525番

原文

狭穂河乃|小石踐渡|夜干玉之|黒馬之来夜者|年尓母有粳

訓読

佐保川の小石踏み渡りぬばたまの黒馬来る夜は年にもあらぬか

かな読み

さほがはの|こいしふみわたり|ぬばたまの|くろまくるよは|としにもあらぬか

カタカナ読み

サホガハノ|コイシフミワタリ|ヌバタマノ|クロマクルヨハ|トシニモアラヌカ

ローマ字読み|大文字

SAHOGAHANO|KOISHIFUMIWATARI|NUBATAMANO|KUROMAKURUYOHA|TOSHINIMOARANUKA

ローマ字読み|小文字

sahogahano|koishifumiwatari|nubatamano|kuromakuruyoha|toshinimoaranuka

左注|左註

右郎女者佐保大納言卿之女也|初嫁一品穂積皇子|被寵無儔而皇子薨之後時|藤原麻呂大夫娉之郎女焉|郎女家於坂上里|仍族氏号曰坂上郎女也

事項|分類・ジャンル

相聞|藤原麻呂|恋情|贈答|地名|奈良|動物|枕詞

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

さほがはの,[寛]さほかはの,
こいしふみわたり,[寛]さされふみわたり,
ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
くろまくるよは,[寛]こまのくるよは,
としにもあらぬか[寛],

巻数

第4巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました