万葉集605番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集605番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集605番について

歌番号

605番

原文

天地之|神理|無者社|吾念君尓|不相死為目

訓読

天地の神の理なくはこそ我が思ふ君に逢はず死にせめ

かな読み

あめつちの|かみのことわり|なくはこそ|あがおもふきみに|あはずしにせめ

カタカナ読み

アメツチノ|カミノコトワリ|ナクハコソ|アガオモフキミニ|アハズシニセメ

ローマ字読み|大文字

AMETSUCHINO|KAMINOKOTOWARI|NAKUHAKOSO|AGAOMOFUKIMINI|AHAZUSHINISEME

ローマ字読み|小文字

ametsuchino|kaminokotowari|nakuhakoso|agaomofukimini|ahazushiniseme

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持|恋情|贈答

校異

特に無し

寛永版本

あめつちの[寛],
かみのことわり,[寛]かみもことはり,
なくはこそ[寛],
あがおもふきみに,[寛]わかおもふきみに,
あはずしにせめ,[寛]あはすしにせめ,

巻数

第4巻

作者

笠女郎

タイトルとURLをコピーしました