万葉集591番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集591番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集591番について

歌番号

591番

原文

吾念乎|人尓令知哉|玉匣|開阿氣津跡|夢西所見

訓読

我が思ひを人に知るれか玉櫛笥開きあけつと夢にし見ゆる

かな読み

わがおもひを|ひとにしるれか|たまくしげ|ひらきあけつと|いめにしみゆる

カタカナ読み

ワガオモヒヲ|ヒトニシルレカ|タマクシゲ|ヒラキアケツト|イメニシミユル

ローマ字読み|大文字

WAGAOMOHIO|HITONISHIRUREKA|TAMAKUSHIGE|HIRAKIAKETSUTO|IMENISHIMIYURU

ローマ字読み|小文字

wagaomohio|hitonishirureka|tamakushige|hirakiaketsuto|imenishimiyuru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持|尫柜蹋|贈答|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

わがおもひを,[寛]わかおもひを,
ひとにしるれか,[寛]ひとにしらすや,
たまくしげ,[寛]たまくしけ,
ひらきあけつと[寛],
いめにしみゆる,[寛]ゆめにしみゆる,

巻数

第4巻

作者

笠女郎

タイトルとURLをコピーしました