万葉集732番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集732番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集732番について

歌番号

732番

原文

今時者四|名之惜雲|吾者無|妹丹因者|千遍立十方

訓読

今しはし名の惜しけくも我れはなし妹によりては千たび立つとも

かな読み

いましはし|なのをしけくも|われはなし|いもによりては|ちたびたつとも

カタカナ読み

イマシハシ|ナノヲシケクモ|ワレハナシ|イモニヨリテハ|チタビタツトモ

ローマ字読み|大文字

IMASHIHASHI|NANOSHIKEKUMO|WAREHANASHI|IMONIYORITEHA|CHITABITATSUTOMO

ローマ字読み|小文字

imashihashi|nanoshikekumo|warehanashi|imoniyoriteha|chitabitatsutomo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|坂上大嬢|和歌|名前|尫柜蹋|贈答

校異

歌【西】謌

寛永版本

いましはし[寛],
なのをしけくも[寛],
われはなし[寛],
いもによりては[寛],
ちたびたつとも,[寛]ちへにたつとも,

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました