万葉集754番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集754番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集754番について

歌番号

754番

原文

夜之穂杼呂|吾出而来者|吾妹子之|念有四九四|面影二三湯

訓読

夜のほどろ我が出でて来れば我妹子が思へりしくし面影に見ゆ

かな読み

よのほどろ|わがいでてくれば|わぎもこが|おもへりしくし|おもかげにみゆ

カタカナ読み

ヨノホドロ|ワガイデテクレバ|ワギモコガ|オモヘリシクシ|オモカゲニミユ

ローマ字読み|大文字

YONOHODORO|WAGAIDETEKUREBA|WAGIMOKOGA|OMOHERISHIKUSHI|OMOKAGENIMIYU

ローマ字読み|小文字

yonohodoro|wagaidetekureba|wagimokoga|omoherishikushi|omokagenimiyu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|坂上大嬢|贈答|恋情

校異

特に無し

寛永版本

よのほどろ,[寛]よのほとろ,
わがいでてくれば,[寛]わかいててくれは,
わぎもこが,[寛]わきもこか,
おもへりしくし,[寛]おもへりしくよ,
おもかげにみゆ,[寛]おもかけにみゆ,

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました