万葉集733番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集733番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集733番について

歌番号

733番

原文

空蝉乃|代也毛二行|何為跡鹿|妹尓不相而|吾獨将宿

訓読

うつせみの世やも二行く何すとか妹に逢はずて我がひとり寝む

かな読み

うつせみの|よやもふたゆく|なにすとか|いもにあはずて|わがひとりねむ

カタカナ読み

ウツセミノ|ヨヤモフタユク|ナニストカ|イモニアハズテ|ワガヒトリネム

ローマ字読み|大文字

UTSUSEMINO|YOYAMOFUTAYUKU|NANISUTOKA|IMONIAHAZUTE|WAGAHITORINEMU

ローマ字読み|小文字

utsusemino|yoyamofutayuku|nanisutoka|imoniahazute|wagahitorinemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|坂上大嬢|和歌|枕詞|贈答

校異

特に無し

寛永版本

うつせみの[寛],
よやもふたゆく[寛],
なにすとか[寛],
いもにあはずて,[寛]いもにあはすて,
わがひとりねむ,[寛]わかひとりねむ,

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました