万葉集764番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集764番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集764番について

歌番号

764番

原文

百年尓|老舌出而|与余牟友|吾者不猒|戀者益友

訓読

百年に老舌出でてよよむとも我れはいとはじ恋ひは増すとも

かな読み

ももとせに|おいしたいでて|よよむとも|われはいとはじ|こひはますとも

カタカナ読み

モモトセニ|オイシタイデテ|ヨヨムトモ|ワレハイトハジ|コヒハマストモ

ローマ字読み|大文字

MOMOTOSENI|OISHITAIDETE|YOYOMUTOMO|WAREHAITOHAJI|KOHIHAMASUTOMO

ローマ字読み|小文字

momotoseni|oishitaidete|yoyomutomo|warehaitohaji|kohihamasutomo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|紀女郎|老|恋情

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

ももとせに[寛],
おいしたいでて,[寛]おいしたいてて,
よよむとも[寛],
われはいとはじ,[寛]われはいとはし,
こひはますとも[寛],

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました