万葉集554番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集554番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集554番について

歌番号

554番

原文

古人乃|令食有|吉備能酒|<病>者為便無|貫簀賜牟

訓読

古人のたまへしめたる吉備の酒病めばすべなし貫簀賜らむ

かな読み

ふるひとの|たまへしめたる|きびのさけ|やめばすべなし|ぬきすたばらむ

カタカナ読み

フルヒトノ|タマヘシメタル|キビノサケ|ヤメバスベナシ|ヌキスタバラム

ローマ字読み|大文字

FURUHITONO|TAMAHESHIMETARU|KIBINOSAKE|YAMEBASUBENASHI|NUKISUTABARAMU

ローマ字読み|小文字

furuhitono|tamaheshimetaru|kibinosake|yamebasubenashi|nukisutabaramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴旅人|贈答

校異

痛->病【元】【類】【紀】

寛永版本

ふるひとの,[寛]いにしへの,
たまへしめたる,[寛]ひとののませる,
きびのさけ,[寛]きひのさけ,
やめばすべなし,[寛]やもははすへな,
ぬきすたばらむ,[寛]ぬきすたまはむ,

巻数

第4巻

作者

丹生女王

タイトルとURLをコピーしました