万葉集653番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集653番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集653番について

歌番号

653番

原文

情者|不忘物乎|<儻>|不見日數多|月曽經去来

訓読

心には忘れぬものをたまさかに見ぬ日さまねく月ぞ経にける

かな読み

こころには|わすれぬものを|たまさかに|みぬひさまねく|つきぞへにける

カタカナ読み

ココロニハ|ワスレヌモノヲ|タマサカニ|ミヌヒサマネク|ツキゾヘニケル

ローマ字読み|大文字

KOKORONIHA|WASURENUMONO|TAMASAKANI|MINUHISAMANEKU|TSUKIZOHENIKERU

ローマ字読み|小文字

kokoroniha|wasurenumono|tamasakani|minuhisamaneku|tsukizohenikeru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|弁解

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|儻【西(訂正)】【元】【紀】

寛永版本

こころには[寛],
わすれぬものを[寛],
たまさかに,[寛]たまたまも,
みぬひさまねく,[寛]みぬひかすおほく,
つきぞへにける,[寛]つきそへにける,

巻数

第4巻

作者

大伴駿河麻呂

タイトルとURLをコピーしました