万葉集720番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集720番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集720番について

歌番号

720番

原文

村肝之|情揣而|如此許|余戀良<苦>乎|不知香安類良武

訓読

むらきもの心砕けてかくばかり我が恋ふらくを知らずかあるらむ

かな読み

むらきもの|こころくだけて|かくばかり|あがこふらくを|しらずかあるらむ

カタカナ読み

ムラキモノ|ココロクダケテ|カクバカリ|アガコフラクヲ|シラズカアルラム

ローマ字読み|大文字

MURAKIMONO|KOKOROKUDAKETE|KAKUBAKARI|AGAKOFURAKUO|SHIRAZUKAARURAMU

ローマ字読み|小文字

murakimono|kokorokudakete|kakubakari|agakofurakuo|shirazukaaruramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|娘子|枕詞|恋情|贈答

校異

久->苦【元】【紀】【温】

寛永版本

むらきもの[寛],
こころくだけて,[寛]こころくたけて,
かくばかり,[寛]かくはかり,
あがこふらくを,[寛]わかこふらくを,
しらずかあるらむ,[寛]しらすかあるらむ,

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました