万葉集500番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集500番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集500番について

歌番号

500番

原文

神風之|伊勢乃濱荻|折伏|客宿也将為|荒濱邊尓

訓読

神風の伊勢の浜荻折り伏せて旅寝やすらむ荒き浜辺に

かな読み

かむかぜの|いせのはまをぎ|をりふせて|たびねやすらむ|あらきはまへに

カタカナ読み

カムカゼノ|イセノハマヲギ|ヲリフセテ|タビネヤスラム|アラキハマヘニ

ローマ字読み|大文字

KAMUKAZENO|ISENOHAMAOGI|ORIFUSETE|TABINEYASURAMU|ARAKIHAMAHENI

ローマ字読み|小文字

kamukazeno|isenohamaogi|orifusete|tabineyasuramu|arakihamaheni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|伊勢|三重|羈旅|留守|枕詞|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

かむかぜの,[寛]かみかせの,
いせのはまをぎ,[寛]いせのはまおき,
をりふせて[寛],
たびねやすらむ,[寛]たひねやすらむ,
あらきはまへに[寛],

巻数

第4巻

作者

碁檀越妻

タイトルとURLをコピーしました